fc2ブログ
記事一覧はコチラ

SAVIOR OX クイズの問題の記録

2023-07-20 01:15
7/19 0:00~7/25 23:59まで開催される「ミニゲームウィーク」イベントの中の
「SAVIOR OX クイズ」の問題と正答の記録です。
現状、「正答が事実と異なる」「問題文が同じなのに正答が異なる
という怪奇現象が起こっています。
早いうちに修正されることを願っています。


今回のイベントにはあまり使えないと思いますが
2014年に有志の方々と作成したカンニングペーパーを再掲します。
フォームに文字列を入力することで問題の検索が可能です。

http://kaedemarket.web.fc2.com/familiar/oxquiz.html


2014年に存在しなかった問題も、ちまちま追加していくつもりです。
(※当時は3PCで3ワールド同時に参加して毎日200問くらい録画していましたが、
今の環境では1日10問くらいしか録画できないので、大して追加できないと思います。)

以下、クイズの問題の記録です。



7/19 0時30分開始のクイズ
問題文正答
問題 1)テーマダンジョン「岩壁巨人コロッサス」は135レベルから入場できる。×
問題 2)キャノンシューターとメルセデスは同じ年に登場した。
問題 3)音楽用語でアダージョとは自由にという意味を持つ。×
問題 4)ユニオンコインはインベントリの1スロットに当たり10000個まで格納できる。×
問題 5)イタリアの国旗の色は左から順に青、白、緑である。
問題 6)イタリアの国旗の色は左から順に緑、白、赤である。〇
問題 7)音楽用語でアダージョはアンダンティーノより速い。〇


7/20 0時30分開始のクイズ
問題文正答
問題 1)ナポレオンの身長は当時のフランス人の平均身長以下であった。×
問題 2)レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」には全部で12人が描かれている。×
問題 3)アキュートセンスはボウマスターのスキルだ。×
問題 4)音楽用語でアダージョはアンダンティーノより速い。
問題 5)イタリアの国旗の色は左から順に緑、白、赤である。×


7/20 21時30分開始のクイズ
問題文正答
問題 1)隠月は忘れ去られた6番目の英雄だ。
問題 2)月は惑星である。×
問題 3)消滅の旅路のエルダスたちは「エルディアン」という物質で構成されている。×
問題 4)ホーンテイルはナインスピリットに反旗を翻したドラゴンである。×
問題 5)勲章「アスワンの救援者」の着用レベルは150だ。×
問題 6)飛行機は着陸するときより離陸する時の方が長い滑走路を使用する。
問題 7)「リア王」はシェイクスピアの四大悲劇の1つだ。
問題 8)バーナード・ショーは「何度でも繰り返そう この狂おしい人生よ!」という墓碑銘を残した。×
問題 9)クロスボウマンはライフル射手に転職できる。×
問題 10)メイプルストーリーは2004年より正式サービスを開始した。×
問題 11)オペラ『マダンの射手』でマダンの「マ」という漢字は赤兎馬の「馬」と同じである。×
問題 12)ギルドシステムは2006年にアップデートされた。×
問題 13)レ・ミゼラブルはフランス語で「哀れな人々」 を意味する言葉である。×
問題 14)上空で飲む酒と地上で飲む酒は酔う速度が同じくらいである。〇


スポンサーサイト



ユニキューブの確率計算に使える情報

2023-05-02 14:00
(2023/05/02 追記)
ユニキューブが期間限定で再販されたためか、このページにアクセスする方が増えました。ひとりひとりが中国語を日本語訳するのは手間だと考えたため、TMSで公開されている情報から、ユニキューブのレジェンダリーオプションとユニークオプションを抜粋して日本語訳しました。Googleスプレッドシートとして以下のURLで公開しています。
データのコピー・抽出等はご自由にどうぞ。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1_E173Y8FGf6lDKPL-MdtDE-hGc4OFu66fU2evsUkpMQ/edit#gid=0

以下、2022年9月1日くらいに書いた記事。


2022年8月31日に販売を開始したユニキューブについて、
台湾のメイプルストーリーにて詳細な確率が公開されているので、
購入前に検討したい方はご覧になると良いと思います。

https://tw-event.beanfun.com/MapleStory/eventad/EventAD.aspx?EventADID=8421

(「ユニキューブ」は台湾では「結合方塊」です。同様に、「レジェンダリー等級」は「傳說等級」です。
 漢字なので脳内変換で何とかなると思います。)

たとえば、レジェンダリー等級の手袋の3行目に「クリティカルダメージ+8%」が付く確率は、
(3行目が選択される確率) × (レジェンダリー等級が選択される確率) × (クリダメ8%が選択される確率)
= 33.333% × 15% × 2.9%
= 0.145%

となります。(1/0.145%) ≒ 690ですので、平均して690個のユニキューブが必要になる計算です。

意欲のある方はツールとかを作って他のキューブと比較すると楽しいと思います。
ツールはまとめて時間が取れれば作ります(次に暇になるのは年末年始になりそうですが...)。

ヘキサキューブの平均費用計算機

2023-02-23 16:00
2023/02/23 追記
韓国のメイプルストーリーで公開されている情報に合わせて更新しました。
日本のメイプルストーリーでは仕様が異なるかもしれません。


ヘキサキューブを使って潜在能力を厳選するときに
どのくらいの費用がかかるか計算できるツールを作りました。

http://kaedemarket.web.fc2.com/cube/hexSimulator.html

blog401.png


装備のREQ LEV, 分類, 等級, OP数を設定して[計算]ボタンを押すと、
「STR+XX%以上が出るまで平均していくらかかるか」などが計算できます。

ヘキサキューブだけでなく、通常のキューブでも同様の計算が行えます。
キューブごとに、等級が上昇する確率、上位の潜在能力がつく確率などを設定できます。

ご質問、ご要望等ありましたらコメントください。



[使い方]

1.装備の設定

上段の表で装備の設定を行います。
数値入力はすべて半角で行ってください。(以下同様)
「等級」はキューブを使い始める時点での等級を選んでください。
「上位(下位)オプション」は付与される可能性のあるオプションの確認用です。

2.計算条件設定

中段の表で、平均費用を求めたい条件を設定します。
ステータスの種類は表の左上のセレクトボックスで指定します。
現時点ではSTR, DEX, INT, LUK, HP, STR/DEX/LUKの6種類です。
(ボスダメ、防御率無視などは要望があれば付け加えます。)

ステータスの種類以外の設定は基本的に表の右にある3つのテキストボックスで行ってください。
(「行数」のテキストボックスに入力した行数まで計算が行われます)

3.キューブ設定

下段の表でキューブの設定が行えます。
初期値は私が適当に入れたものなので、正確な値を知っている方は適宜修正してください。
「上位潜在付与率」は、1つ目以外のオプションに上位オプションが付与される確率を表しています。
(例えば、ユニーク等級の装備では、1つ目のオプションがユニーク等級、他がエピック等級になります。
しかし、低確率でエピック等級の代わりにユニーク等級のオプションがつきます。)

4.計算

画面中央右の[計算]ボタンを押すと計算が実行されます。
設定条件やハードウェアのスペックによっては多少時間がかかります。
平均費用が「Infinity」となった場合、一定の回数以内に一度も条件を満たさなかったことを
示しています。
計算の仕様上、最上位の条件を満たした回数が極端に少ない場合、
他の条件の平均費用も本来の値から大きく離れたものになるので、
「Infinity」が出ないように条件を設定してから計算を行ってください。

使用方法は以上です。


ツールの説明は以上です。
ご不明点がありましたらコメントください。

アルファベットボックス関連の検証のメモ

2023-02-17 00:00
「ヒョギの楽しいハイパーイグニッション!」のイベントでドロップする
アルファベットボックスに関連するデータを以下に記載します。

まだ終わっていない方の参考になれば幸いです。

「アルファベットボックス」と「炎のアルファベットボックス」のドロップ数
アイテム名ドロップ数
アルファベットボックス651
炎のアルファベットボックス17

「アルファベットボックス」のドロップ率
ドロップ率補正実測ドロップ率 (ドロップ数/討伐数)
24%0.196% (23/11723)
144%0.182% (30/16500)
124% + SDT0.191% (8/4192)
144% + SDT0.187% (32/17124)

コメント:
「アルファベットボックス」にはドロップ率補正が効いていないと思います。


「アルファベットボックス」使用時に獲得するアルファベットのレアリティ
レアリティ実測獲得率 (獲得数/全獲得数)
中24.9% (162/651)
75.1% (489/651)


アルファベット5個と交換で獲得するアルファベットのレアリティ
レアリティ実測獲得率 (獲得数/全獲得数)
上6.5% (10/153)
21.6% (33/153)
71.9% (110/153)

コメント:
以前の記事ではレアリティ上:中:下の比率を「10:20:70」と仮定していましたが、
「レアリティ上」の獲得率はもう少し低いかもしれません。

研究したい方向けに、詳細なデータを記載します。
各アルファベットの「必要数」と「獲得率」に相関がある気がします。
単に私の運がいいだけかも。

「アルファベットボックス」使用時に獲得するアルファベット(レアリティ中)
文字必要数実測獲得率 (獲得数/ボックス使用数)
E53.38% (22/651)
I63.99% (26/651)
J22.00% (13/651)
M10.46% (3/651)
N65.84% (38/651)
P33.07% (20/651)
R31.38% (9/651)
S10.31% (2/651)
T32.46% (16/651)
Y52.00% (13/651)

※「必要数」は、イベントを完了させるために必要な数です。以下同様。

「炎のアルファベットボックス」使用時に獲得するアルファベット
文字必要数実測獲得率 (獲得数/ボックス使用数)
A10% (0/8)
G250% (4/8)
H212.5% (1/8)
L112.5% (1/8)
O525% (2/8)


アルファベット5個と交換時に獲得するアルファベット(レアリティ中)
文字必要数実測獲得率 (獲得数/試行数)
E53.3% (5/153)
I67.2% (11/153)
J20.7% (1/153)
M10.0% (0/153)
N60.7% (1/153)
P32.0% (3/153)
R32.0% (3/153)
S10.0% (0/153)
T32.0% (3/153)
Y53.9% (6/153)


アルファベット5個と交換時に獲得するアルファベット(レアリティ上)
文字必要数実測獲得率 (獲得数/試行数)
A10.0% (0/153)
G20.7% (1/153)
H22.0% (3/153)
L10.7% (1/153)
O53.3% (5/153)


アルファベット5個と交換時に獲得するアルファベット(一部抜粋)
交換したアルファベット獲得したアルファベット
BBBBBF
BBBBBF
BBBBBQ
BBBCCH
BCDDDX
BCDEFK
BCPPPY
CCCCCB
CCCCCB
CCCCCU
CEEEFF
CJPQQT
CKQVWY
DDDDDQ
DDEEFW
DFKQUO
DFPWXZ
DKQUVQ
DMNNQW
FFFFFQ
FFFIIF
FFFZZI
FFIKKD
FIIIIF
FJKNPQ
FKKKKV
FKKKQE
FKQUVF
FKQUVO
FKQVWC
FKVWXQ
GGJJNN
IKTXXF
KXZZZY
KZZZZZ
NNNPPC
NNYYYF
QQQQQV
QQQQUZ
QQQQUW
QTUUUW
TTTUVV
UUUUVV
UVVWWI
UVWXYX
UWWWXX
VVVVWU
VVWWWR
WWWWWD
WWXXXR
WXXXXB
XXXXXC
XXXXXY
XXYYYK
XXZZZC
ZZZZZQ

データは以上です。

「ヒョギの選択ボックス」で省ける時間はモンスター討伐16300体分

2023-02-12 02:21
前回の記事の続きです。

前回、「アルファベットコンプは大変だ」という印象を与えてしまった気がするので、
「ヒョギの選択ボックス」を使えば楽になりますよ、という記事を書きます。

アルファベットコンプにおいて、最後の数個を出すのには膨大な時間がかかります。
たとえば、「レアリティ上」のアルファベット1種類を狙って出そうとすると、
25000体程度のモンスターを倒すことになります。
(ハズレを集めてランダムで引き当てることもできるので、実際はもっと楽ですが)

そこで輝くのが、任意のアルファベットを獲得できる「ヒョギの選択ボックス」です。
さて、これを使うと、どの程度の時間が短縮できるのでしょうか。

今回も、いくつかの仮の条件を設定して、
15種類46個のアルファベットをコンプするシミュレーションを行ってきました。

結果が以下の表です。

ボックス使用数 平均討伐数 n個目のボックスで
省略できる討伐数
0 135,722 -
1 119,417 16,305
2 107,146 12,271
3 97,519 9,627
4 89,813 7,706
5 84,009 5,804
6 78,661 5,348

表の読み方としては、
たとえば、ボックスを1個だけ使用することにしたとき、
モンスターの平均討伐数は119,417体となり、
ボックスを1個も使用しなかったとき(135,722体)との差が16,305体である、
という風に読みます。

シミュレーションの条件は以下の5つです。 (前回の記事の追記と同様)
(1)「アルファベットボックス」のドロップ率は0.2%
(2)「炎のアルファベットボックス」のドロップ率は0.02%
(3)「アルファベットボックス」を開封したときに獲得できるアルファベットについて、
 「レアリティ中」の10種類の獲得率が各3%,
 「レアリティ下」の11種類の獲得率が各6.363%
(4)「炎のアルファベットボックス」を開封したときに獲得できるアルファベットについて、
 5種類の獲得率が各20%
(5)不要なアルファベット5個を消費して、ランダムにアルファベットを1個獲得するとき、
 「レアリティ上」の5種類のアルファベットの獲得率が各2%,
 「レアリティ中」の10種類のアルファベットの獲得率が各2%,
 「レアリティ下」の11種類のアルファベットの獲得率が各6.363%


「ヒョギの選択ボックス」は、イベントの途中の報酬として1個獲得できるため、
あと1個くらいをどこかから調達できれば、10万体ちょっとの討伐で済む計算です。

10万体くらいなら何とかなる気がしてきますね。
(ドロップ率の検証のために既にそれ以上狩っているので感覚がマヒしているのかも...)

以上、長文失礼しました。